復縁

復縁するには③ 元カレ・元彼女と復縁できる可能性をチェックし、最適なアプローチしよう。振られた側でも大丈夫。

投稿日:

今回から、いよいよ復縁を実行にうつしていきます。

それにあたり、重要になってくるのが「ヨリを戻せる可能性のチェック」です。

 

なぜこれが重要かというと、カップルごとに「別れたときの様子」や「原因」、「元カレ・元彼女の性格」などといった要素は異なり、それによって関係修復の難しさはみんな違います。

どのカップルにも同じ復縁方法が適しているわけではないのです。

 

そこで、あなたの今の状況をチェックして復縁の可能性を測り、その結果に応じてアプローチ方法を選ぶ必要があるというわけです。

そのやり方を、これから順番に解説していきたいと思います。

 

 

<広告>




復縁の可能性をきめる、4つのチェックポイント

どうやって可能性を割り出すのかというと、

要は、あなたの元カレ・元彼女が現時点でどのくらい復縁を考えているか、この先考えるようになる見込みがあるかを推測するのです。

そのために、次の4つのポイントをチェックし、得た情報を掛け合わせていきます。

 

  1. どんな別れ方をしたか。あなたは振られた側か。
  2. 相手の性格、別れた後の行動、今の状況
  3. 今のあなたの魅力度・評判(別れた時からどれくらい改善したか)
  4. 職場、学校、よく行く店など、生活環境が近いか

それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

①どのように別れたか

これは、注目するのは「別れた原因」というよりも、

どんな原因があって、その時あなたがどう対応したかによって、「相手が今、あなたのことをどれくらい嫌になっているか。それともまだ未練があるのか」です。

 

これまで二人の間でケンカやトラブルが起きたとき、自分がどう振る舞ったかを思い出し、

「こう接することが多かったから、今はきっと自分のことをこれくらい嫌っているだろう」と予想しましょう。

(相手との過去のやり取りが思い出せない場合は、前回の記事の「別れた原因を見つける方法」が使えます。)

 

判断材料は、例えば・・・

  • まず、あなたはフった側か、フラれた側か。
  • 別れた原因がどれくらいひどいものか。
  • 別れ際に酷いことを言ったか。それとも相手を気遣ったり、謝ったか。
  • 浮気をしたか。したなら、発覚した時に非を認めたか、それとも「だって構ってくれなかったから・・・」などと自分を正当化したか。
  • 浮気は一度きりの過ちだったかどうか。反省して二度としなかったか、それとも繰り返したか。
  • 相手に浮気されたのなら、そのあと問答無用で相手だけが悪いと責め立てたりしなかったか。
  • ケンカした時、相手にも言い分があるのに、一方的に言い負かしていなかったか。そのあと自分から歩み寄ったか、それとも相手が歩み寄るまでいつも謝らなかったか。
  • 隠し事をしていたか(年齢、経歴、お金関係、交際歴など)。打ち明けたか隠し通したか。バレそうになったことはあるか。追及されたとき、ごまかして不信感を与えなかったか。
  • 相手の不満や嫌がっていることには早めに気付けていたか。

 

特に、復縁の可能性に影響が強いのは「別れ際のあなたの印象」です。

あなたが振られた側でも、素直に反省と改善の態度を見せれば、「最後は素直だったな」「やっと直す気になっていたのかな」と、多少は印象アップし、「今後まともになってくれたら、ヨリを戻していいかも」と思ってもらえているかもしれません。

逆に、直前まで仲が良くても、最後は激しく罵り合って別れたなら、印象も最悪です。

 

②元カレ・元彼女の性格や近況

前回の記事で似たようなことを確認しましたが、むしろ今回のほうが必要な情報といえます。

元カレ・元彼女の人柄や別れた後の行動から、あなたに対してどう思っているかを予想できることがあります。

例えば、

  • 「連絡先や住所を変えたということは、二度と会いたくないのだろう」
  • 「(逆に)全く変えていないということは、連絡をよこしてもいいということだろうか」
  • 「サッパリした性格だから、自分のことなんてすぐ忘れただろう」
  • 「ガンコな人だから、一度別れると決めたら二度と曲げないだろう」
  • 「情が深い人だから、何度も謝り続けたら許してくれるかも」

といった感じです。

 

また、相手の今の状況によっては、あなたを復縁する価値のある存在と見始めたとしても、ヨリを戻す余地がない場合もありますので、そのあたりもチェックします。

例えば、

  • 「新しい恋人ができた、または浮気相手と付き合ってしまっている」
  • 「仕事が忙しく、恋愛だ復縁だと考える余裕がないようだ」

という場合はそうなります。

 

③今のあなたの行ない・魅力度・評判

これはつまり、「今の」あなたは、別れる以前と比べて、元恋人にとってどれくらい「まともな人間」に変われたのか、ということです。

  • 別れた原因を克服したり、
  • 性格や外見がより魅力的になったり、
  • 仕事が成功するなどして、職場や学校で人気者になったり

するほど、元カレ・元彼女の中のあなたのイメージがアップし、再びあなたに惚れ直してくれる可能性も上がります。

直接相手に今のあなたを見せなくても、あなたの評判が良くなれば、共通の知人などから伝わるかもしれません。

 

逆に、「まだ何も変わっていないな」と自覚があるなら、復縁の可能性もそのままです。

 

④生活環境が物理的に近いかどうか

職場、学校、よく行く店などが同じというように、生活環境が近ければ、元恋人と偶然会うかもしれません。

復縁を目指すうえで、偶然の再会にはメリットがあります。

 

復縁するには、どうにかしてあなたが「別れたときとは違う」「今度は大丈夫」ということを分かってもらわなければなりませんが、それを伝えるのは難しいのです。

なぜなら、こちらが「連絡しよう」「会おう」と思ってアプローチすれば、向こうは「何が目的だろう」「許してないのに、やり直したいとか言い出すんじゃないか」などと身構えてしまいます。

そんな状態では印象はなかなか良くなりません。

しかし、偶然会ったなら、そこには何の思惑もなく、今のあなたを色メガネなしで見てもらうことができます。

もちろん、そもそもあなた自身がまともな人間に変わっていなくては印象はよくなりませんが。

 

あと、偶然の再会といっても、直接会わなくても効果はあります。

前より魅力的でまともになった様子を、遠くから元恋人に見てもらう、あるいは共通の知人の話や噂で伝われば、別れたときのあなたのネガティブなイメージが少しは変わるはずです。

(直接顔をあわせるよりもこのほうが、刺激が少なくてむしろいいかもしれません。)

 

※要するに、チェックポイント③が「自分がまともになったかどうか」であり、チェックポイント④は「それを相手に伝える環境が整っているかどうか」です。2つはセットみたいなものです。

 

 

<広告>




チェックポイントをもとに復縁の可能性を判定し、最適なアプローチをしよう

では、ここまでで紹介した4つのチェックポイントをご自身で振り返り、復縁の可能性を出してみましょう。

 

この記事では分かりやすいように、可能性を3段階で評価します

  • :相手はあなたに良いイメージを持っている・少なからず復縁を意識している。
  • :別れるときに嫌われてしまったが、取り返しがつかないほどではない。
  • :致命的な嫌われ方をして別れたため、挽回するのはかなり困難

 

それぞれの詳細は、次の項目からです。

どんなチェック結果になるとどの可能性に当てはまるのか、例を挙げているので、確かめてみて下さい。

また、ご自身がどれに当たるか分かったら、それに適した復縁の仕方も書いてあるので、参考にしていただければと思います。

 

 

<広告>




可能性「大」になるチェック結果例と、適したアプローチ方法

次のうち半分以上当てはまっていれば、復縁に成功する見込みは十分あります。

 

  • 自分は振られた側だが、円満に別れたので今も気軽に話せる。
  • こちらから別れを告げており、向こうは「別れたくない」と言っていた。
  • 相手に嫌われ、振られたが、すでに二人で会って雑談ができる仲に戻っている。
  • 別れた原因は解決済みだし、元々大した問題はなかった。
  • 相手に新恋人ができていない。もしくは、できたけど別れた。
  • 別れてからも向こうからよく連絡が来る。

 

友達以上は確実。付き合っていた時の気持ちを少しずつ思い出させよう。

このチェック結果なら、すでに相手はあなたに好印象を持っており、友達以上には確実に戻ることができるでしょう。

さらに、すでに復縁も意識している可能性があります。

とはいえ、焦って復縁をせまったり、失言をしたり、変にパフォーマンスしたりして引かれると失敗するので、注意しましょう。

 

うまくいくコツは、付き合っていたころの幸せな思い出話をしたりして少しずつ関係を修復していくことです。

「あの時一緒に行ったあそこにまた行きたいな」「よく作ってくれていたあの料理おいしかったなあ」などと匂わせていき、まず相手にあなたの気持ちを気づいてもらいます。

次は、相手に考える時間を与えるためにそれ以上踏み込まず、しばらくの期間は似たようなパターンの話を続けます。

向こうにその気がなければだんだん会うことを避けるようになるかもしれません。その素振りがなければ、復縁の意志を言葉にしましょう。

 

復縁を申し込むのは、誕生日やクリスマスが良い?

告白のタイミングは、誕生日やクリスマスのような、「分かりやすいイベント」を利用するとやりやすいかと思います。

あなたにとっても相手にとってもメリットがあります

あなたからすれば「突然告白して失敗するリスク」が減らせたり、相手が乗り気かどうか気持ちを測れたりしますし、
向こうは、実際に告白される前に、誰かに相談したり考える時間を設けられ、復縁を断るにしてもカドが立たないようにやんわりと返答できます。

 

どういうことかというと、例えば「クリスマス予定ある?」と聞けば、たいていは「告白しようとしているのかな?」と予想しますよね。これだけで、その日復縁を申し込むという意思は伝わるはず。

相手が選べる返答はだいたい、

「予定ないよ」「まだ決まってないから今度連絡するよ」「予定が詰まってるんだ」という3択です。

相手からすれば、あとで予定を伝えることにすれば、復縁を受け入れるか考える時間ができますし、復縁なんて受け入れる気がなければ、この時点で「クリスマスは予定がない」と答えれば、直接告白を断るよりも気まずくなりません。

「予定がない」と言われたなら、あなたは「その気がないんだな」と判断して復縁を申し込むのは中止し、もうしばらく友達関係を続ければいいのです。そうすれば、告白に失敗して関係が切れることもとりあえず防げます。

 

会う約束ができ、告白できることになったら、サプライズなどの演出はあまりせず、地味にいった方がいいかと思います。

一度別れた相手に、初めて付き合う男女のような演出をしてほしいと思う人は少ないでしょう。

 

 

<広告>




可能性「中」になるチェック結果例と、適したアプローチ方法

チェック結果が次のような傾向の場合、復縁の見込みは五分五分といったところです。

 

  • 浮気、束縛、こだわりの押し付け、放ったらかし、すぐケンカしてしまうなど、こちらに原因があって振られた。(つまり相手は自分に対して嫌なイメージを持っている。)
  • 浮気は一度だけで、反省の態度も示した。
  • 別れ際は素直に引き下がった。また、これまで相手に悪い思いをさせたことを詫びた。
  • 振ったのはこちらからだが、向こうも別れたがっている様子だった。
  • 別れた原因は直せると思う。
  • 現在、向こうに新しい恋人がいる。もしくは、恋人はいないが復縁を望んでもいない。
  • 外見や性格や能力のどれかで、自分には他の人に負けない魅力がある。そして元恋人はそこを好きだった。
  • 職場や生活範囲、連絡先を変えていない。
  • 元恋人のことを相談したり、話を取り次いでくれる共通の知人がいる。

 

復縁の前に、友達に戻ることを目標に。それにはどうすればいい?

可能性「中」は、付き合っていた頃の仲の良い関係が崩れた状態です。

 

この場合、いきなり復縁まで行くのはハードルが高いので、まずは心を許せる友達関係に戻ることを目指さなくてはなりません。

とはいえ、相手に致命的には嫌われていないのが可能性「中」です。正しくアプローチすれば、友達に戻るまでなら受け入れてもらえる可能性が高いでしょう。

 

再び仲良くなるためには、元カレ・元彼女の中の「あなたに対する嫌なイメージ」を消す必要があります。

つまり、

  1. 別れた原因や自分の欠点を改善する
  2. それを相手に知らせて、新しい良いイメージをつけさせる

この2つの作業が必要です。

相手によっては、こんな回りくどいことをして友達に戻ってからでなくても復縁してくれる場合もありますが、また同じ原因で別れてしまうかもしれないので、欠点はキチンと直しておくべきです。

復縁したいというワガママを聞いてもらおうというのですから、相手のためにも、前よりすばらしい人間になってヨリを戻しましょう。

 

この段階なら、自分のどこが悪かったのか大体分かっていると思いますし、直すのはそれほど難しくはないはずです。

(別れた原因については前回も書いたので、すでに直した方も多いかと思います。)

 

別れたときの悪いイメージをどうやって改善させるか。

直すところを直したら、それを元カレ・元彼女に知らせて、イメージを良くしましょう。

知らせる方法には主に次のようなものがあり、一定期間つづけて少しずつ効果を出していきます。

  1. 同じ職場・学校にいるなら、今のあなたの振舞いを見てもらい、少しずつ分かってもらう。
  2. 人づてに伝えてもらう。共通の知人、噂(評判)、SNSなどによって伝わる可能性がある。
  3. こちらから連絡して、時間をかけて分かってもらう。

 

この中でベストなのは、「(1)や(2)によって間接的に伝える→イメージがよくなった状態で初めて会話する」という順番です。

 

でもそれができない状況なら、(3)の「いきなりこちらから連絡」という手段をとらざるを得なくなります。

最初の連絡は、電話したり会って口で伝えるよりも、メールやLINEの方が向いています。伝えるべきことをよく考えて正確に伝えられますし、電話に出てもらえないなどのリスクもないからです。

 

最初のメール・LINEはどんな内容がいいか。

(3)の方法でいく場合、あなたに対して悪いイメージを持ったままの相手に連絡することになるので、1回目のメール・LINEは特に注意してしなくてはなりません。

内容を間違えば、イメージを改善するどころかダウンしてしまう可能性もあります。

 

やってしまいがちなのは、「久しぶり。最近どう?」など、内容のない雑談のような文章です。これはあまりよくありません。

まず、一度別れて気まずくなっているのですから、何事もなかったように馴れ馴れしく話してしまわないようにしましょう。

「あの時のことを忘れてはいませんよ」ということがわかるよう、誠実な文章が適しています。

 

では少し丁寧めにして、「あの時はごめん。最近どうしてるかと思って・・・」というのはどうでしょうか。

これでもまだ、「用もないのに連絡している」感じがよくありません。

なぜかというと、普通、元カレ・元彼女から突然連絡が来たら「ヨリを戻したくて様子をうかがっているのでは?」と感じますよね。

特に、用件のない連絡ならなおさらそう思うはずです。

両者とも復縁を望んでいるならそのままヨリを戻す話をすればいいですが(復縁の可能性「大」のようなとき)、そうでない相手にとっては、迷惑に感じることが多いです。

 

結局、チェック結果が可能性「中」だった場合、どんなメール・LINEにしたらいいのかというと・・・、

誠実に接しつつ、用事をはっきりさせたほうがいいのです

もちろん、その用事とは復縁したいと伝えることではありません。それを伝えるのはまだ先です。

具体的には、次のようなものは嫌がられにくく、相手にとっても返しやすいので無難かと思います。

  • 頼み事(相手にしか分からないことを聞いたり・相手にしかできないことを頼むのが望ましい)
  • 正月など、決まったあいさつがあるときは自然に連絡できる(誕生日の祝いメールも良いが、初めのうちはハードルが高い)
  • 相手が仕事で成功したりなど、めでたい時に祝福のメッセージ(相手の機嫌が良いので祝福だけなら拒否されにくい)

 

このようにタイミングを見計らって、相手が迷惑に感じない程度にメール・LINEを送ります。

それを繰り返していき、少しずつ警戒をとかせていきましょう。

 

メール・LINEの文章の書き方

書くときのコツとしては、

「知り合ったばかりの友達と話すような、少し距離感を持ちながらも親しみは込める感じ」を意識して書くとちょうどいいでしょう。

 

つまり、

  • 用件をハッキリと言葉にし、文章は短めに。
  • 余計な雑談は書かない。
  • 相手の心情や都合に気を遣う(「忙しいところごめんね」「あの時嫌な思いをさせた自分が、こうして頼み事して申し訳ないけど・・・」など)
  • 普段の会話口調でいいが、砕けすぎない
  • 相手のプライベートを詮索せず、自分の近況の話もしない(相手が話してきたら乗る程度)

といったことに気を付けて書けば、大体問題なくできあがります。

 

ちなみに、先ほどの(1)(2)の方法をしていた場合(相手が同じ職場・学校にいてあなたの振舞いを見ていたり、共通の知人や噂などによって、今の良いイメージが伝わっていた場合)も、そのあと直接やりとりし始めなければ友達に戻れませんよね。

その場合のメール・LINEの書き方も、同じようにすれば問題ないと思います。

 

しかも印象がよくなっている分、話を聞いてもらいやすく、比較的短かい期間で距離が縮まるはずです。

 

友達に戻る目安と、戻れたあとにすること

どんな状態になったら「元カレ・元彼女と友達に戻れた」といえるでしょうか。

いろいろな考え方があるでしょうけれど、ここでは「用事なしで二人で会うようになれたら」とします。

目指しているのはただ仲良くなることではなく、復縁まで行くことなのですから、目標はそれくらいのほうがいいと思います。

 

イメージの改善(用事を頼んだり、節目のあいさつをしたりを積み重ねる)をしていく中で、「今度なにかお礼をさせてよ」「ご飯でもごちそうさせて」というふうに提案していきましょう。

「ご飯行かない?」ではなくその言い方なら、相手が乗り気ではなかった場合に「社交辞令として言っただけ」ということにでき、気まずくなりにくいです。

こうして二人だけで出かけるまでになれば、好感の持てる友達に戻れたといえます。復縁の可能性も少しずつ上がっているはず。

 

そこから先は、「復縁の可能性『大』」のときのアプローチ方法に移行して、ヨリを戻していきましょう。

 

 

<広告>




可能性「小」となるチェック結果の例と、アプローチ方法

次のチェック結果が多く当てはまると、復縁への道のりはかなり困難なものとなります。

 

  • 別れた原因が致命的(常習的に浮気していた、重大な嘘をついていた、DVなど)
  • 明らかに自分が悪くても、いつも認めなかった。
  • 別れを告げられた時に、相手を傷つけたことを謝るどころか、逆ギレしてしまっていた。
  • 別れた原因がわからない。もしくは分かっていても直すことができない。
  • 別れた相手が音信不通になって、会う方法がなくなった。
  • 復縁したいが、別れて連絡をとらなくなってから何年も経っている。
  • 別れた原因以外にも、自分には問題が多い。(すぐ諦める性格、コンプレックスが多くいつも自信がない、生活に余裕がなく復縁とか言ってる場合じゃない、など)

 

とにかく自分を徹底的に磨くことから。

基本的に、「可能性『中』」での復縁の仕方と同じく、まず友達関係に戻ることを目指すのですが、ここまで状況が悪いとなかなかうまくいかないでしょう。

取り返しがつかないほど嫌われてしまっているので、多少心を入れ替え、振る舞いを変えた程度では、相手の中のあなたのイメージは改善できません。

そして、イメージが最低な状態では、どうアプローチしてもまず受け入れてもらえないでしょう。

 

そのため、可能性「小」では、何よりチカラを入れて取り組むのは「徹底的に自分を変えること」です。

別れた原因が分かっていればそれを中心に、分からなければ、一般的に多いとされる原因を調べて、念のため全てクリアできるようにします。

 

それから、変えるのは内面だけではありません。

服装や髪型、趣味も、今までとはガラリと変えてしまいましょう。

外見というのは意外と大事です。

いくら別れたときとは違う内面に変わることができても、外見が同じだと、あなたの姿を見ただけで相手はトラウマを思い出してしまうことさえあります。

そのせいで、いまのあなたを正しく評価してくれなかったら困りますよね。

そんなことのないように、少しでも好感の持てる外見になっておきましょう。

 

望みが薄くても、諦めずにこれだけは続けよう

以前の自分より劇的に変われたとしても、それを相手に気付かせてイメージを改善するのはやはり簡単ではありません。

  • 連絡がつかなくなり、名誉挽回するチャンスがない
  • 連絡できても、無視され続ける

など、困難が多いでしょう。

現状ではどうやっても復縁不可能という場合も出てきます。

 

それでも絶対復縁したい、諦められないというならば

  • 名誉挽回するチャンスが来るのをいつまでも待つこと
  • チャンスを引き寄せるための「種まき」を欠かさないこと
  • いつチャンスが来ても、ものにできるように自分磨きを続けること

これらを長い間続けていくことになります。

 

「種まき」と書きましたが、要するに、いつか元カレ・元彼女と再会する可能性を上げるため、自分の近況が伝わる可能性を上げるために、職場での評判を上げておいたり、元恋人の行方を知る人を探して仲良くなっておいたり、有名になったり、行方を探ったりしておく・・・ということです。

 

 

<広告>




もっと確実に復縁したいなら →「裏技マニュアル」

価格の違う2つのマニュアルをご紹介します。

 

 

(クリックすると販売ページを見ることができます。)

 

復縁を成功させるいろいろなテクニック、やってはいけないことなどが書かれています。

これらの商品は「情報教材」といって、一般の書籍ではなかなか知ることができない貴重な情報が載っています。

「電子書籍(パソコンやスマホで読むことができる書籍データ)」や「動画」の形で販売されており、

最大の特徴は、世の中にまだ知られていない裏技的な方法が書かれているということです。

その分野に精通した人が、世間にまだ知られていないような情報を、個人でまとめたものが「情報商材」です。なので、一般のメディアでは知ることのできない情報が手に入ります。

 

貴重な情報が手に入るため、価格が高めであることも特徴の一つです。

時々はずれ商品もあるものの、購入者の満足度もおおむね高めです。

 

それぞれの商品の特徴については、販売ページをお読みください。

 

<広告>



-復縁
-, , , ,

Copyright© 暮らしの総合情報サイト :よろずかいつまみ雑録 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.