復縁

復縁するには① いきなり連絡しないで冷却期間をおき、計画を立てよう。

投稿日:2018-12-05 更新日:

元カレ、元彼女、元パートナーと復縁したいとお思いのあなた。もしかして、なんとなく行動していませんか?

そのままだと、やってはいけないことや無駄なことをして、かえって失敗してしまうかもしれません。

 

実は、復縁するには成功しやすい行動手順といったものがあります。

それをこれから数回の記事に分けてご紹介していきます。

今回は、「復縁するにはどうすればいいだろう」と思ったときに、まず最初に何をすべきかについてです。

 

 

<広告>




復縁したいからといって、衝動的に連絡しないこと

まず最初にすべきことは、

「早くヨリを戻したい」「急がないと他の誰かにとられてしまう」

などと焦って、衝動的に行動するのだけは避けることです。

 

中でもよくやってしまうのは、別れた相手にすぐ連絡してしまうこと

ぐっとこらえて、冷静になってどう行動すべきか考えなくてはなりません。

 

理由は当然、すぐ連絡すると復縁に失敗しやすいからです。

あなたが振った側ならすぐ連絡してもよい場合もありますが、

あなたが振られた側で、追いかける形で連絡するのだと失敗しやすいです。

 

同じ行動でも、どんな別れ方をしたかによって「やっていいのか悪いのか」が違うのです。

だからこそ、何も考えず衝動的に行動して失敗しないように気を付けなくてはなりません。

まずは落ち着いて、あなたが別れたときの状況を見つめなおしましょう。

 

 

 

<広告>




次に、別れたときの状況を分析する→取るべき行動が見える

例えば、あなたが嫌われて振られたと仮定して、状況を見つめなおしてみましょう

 

あなたは別れた相手を忘れられず、復縁したくて焦っています。

一方、相手の心は「あなたを振った理由」、つまりあなたに対する嫌なイメージでいっぱいになっています。そして、「やっと別れられた」と安心しています。

 

そんな状況であなたは「すぐ連絡しよう」と思ったとします。

すると、あなたはこんなふうに思われてしまいます。

  • 「何も反省していない」
  • 「自分のことしか考えていない自己中だ」
  • 「もう終わったと言っているのに、しつこい」

なので、この状況ですぐ連絡したら余計に嫌われてしまうのです。

相手は、これまでのあなたの行いによって嫌悪感が許容範囲を超え、もう戻らないと心に決め終わっています。

その状態では何を言っても響きません。

じゃあどうすればいいでしょうか。

 

相手の気持ちを変える。そのために自分が変わることが大事。

復縁を持ちかける前に、あなたに対する印象を変える必要があるわけです。

先ほど挙げた、あなたに対していだいている気持ちの「反対の印象」を与えれば、あなたへの嫌悪感を減らすことができます。

 

つまり、

  • 「ちゃんと反省して以前嫌いだったところが変わった」
  • 「自分のことより他人を思いやるようになった」
  • 「しつこく復縁を迫ってこず、こちらの気持ちに沿ってくれる」

と思ってもらえるように、自分を変えていくのです。

 

「変わった」とアピールをしてはいけない。ではどうするの?

注意すべきは、相手に直接「自分は変わったんだよ」「変わるから許して」のようにアピールすべきではないということ。

そうすると、自分が復縁したい気持ちがにじみ出て、自分の都合ばかり考えていることが見え透いてしまいます。なのでアピールしてはいけないのです。

 

そうするのではなく、あなたが良い印象に変わったことを、間接的に伝えなくてはなりません。

例えば次のような方法があります。

  • 第三者の口から「あなたの元恋人、最近変わったね」と伝わるように、生き方を変える。
  • 直接顔をあわせないで、魅力的になった姿を見せる。嫌われた原因を克服した今の自分が、他人にどう振る舞っているかを見せる。
  • 会うことがあれば、あからさまな行動では示さず、相手の都合を考えて会話したり行動するだけにする。
  • SNSでこちらの近況を相手に見てもらえる状態にあるなら、立派で魅力的な人間へと変わっていくところを発信する。心を入れ替えて頑張っているところを発信する。

 

・・・というふうに、自分がした別れ方を思い出し、それに合った「成功しやすい復縁の方法」を考えましょう。

復縁したいなら衝動的に連絡するのではなく、こういった作戦を練る時間をもうけるべきです。

 

自分のした別れ方を分析できるようになろう

とはいえ、上で挙げた例のような別れ方を、あなたがしているとは限りませんよね。

別れたカップルの数だけ、別れ方も違いますし、「ベストな復縁の手順」も違います。

ですので、「自分がした別れ方の分析方法」を知り、自分と相手のケースに合った復縁方法を考えられるようになる必要があります。

次回の記事から説明します。

 

 

<広告>




冷却期間をおこう

「復縁したいなら、衝動的に連絡しない」「まずは時間をおいて別れた状況を見つめる」と言いましたが、その目的は相手のためでもあります。

すなわち、相手に「冷却期間」を設けることです。

 

冷却期間とは、相手にいったん頭を冷やしてもらい、別れたあなたに対する怒りや嫌悪感などのネガティブな感情をやわらげる期間です。

 

冷却期間はどれくらい必要?

あなたが嫌われてフラれた場合ほど、長い冷却期間が必要になります。

フラれた場合のほうが相手のあなたに対するネガティブな感情は強いためです。

どんな原因か、別れ際がどのようだったかによって、要する期間は数週間から年単位と違ってきます。

特に、相手があなたのその原因によって長年悩まされてきた場合、その悪いイメージはそうそう払拭できるものではありません。

 

一方、あなたが振った側であり、相手に未練があったり、本当は仲がいいのにケンカした勢いで別れてしまった場合、復縁したいならば冷却期間をもうけるべきではありません。

時間を置くほど、相手があなたを想う気持ちが薄れていってしまいます。

 

 

あと余談ですが、

復縁とは別の話で、「妻が怒って実家に返ってしまった」というような、「まだ破局に至っていないものの危機を迎えている」状況では、冷却期間はおかないほうがいいです。

時間を置いてしまうと、「抗議の態度を示しているのに全然関心がない」「関係を修復する気がない」と相手に思われてしまいます。

それに、時間が経つほど二人の関係が冷え切って元に戻しにくくなります。

復縁の話ではないですが、こういった例を解決しようと思ったときには「復縁方法」を実践しようとしがちなので、それとは違うということを書いておきました。

 

 

<広告>




まとめ

「復縁したい!」と思っても、すぐ相手と連絡をとろうとするのは危険です。

 

どうせ期間を置く必要がありますし、作戦を練る必要もあるのですから、

その時間を使って、本や教材から「復縁のしかた」を勉強しておくといいと思います。

いろいろ出ているので学ぶのは難しくはないはずです。

 

そして、自分に合った「復縁方法」を計画しましょう。

 

 

<広告>




おすすめ「復縁裏技マニュアル」

 

 

(クリックすると販売サイトを見ることができます。)

 

復縁を成功させるいろいろな方法、やってはいけないことなどが書かれています。

これらの商品は「情報商材」といって、一般の書籍ではなかなか知ることができない貴重な情報が載っています。

 

情報商材とは、悩みを解決する情報を商品にしたもので、

「電子書籍(パソコンやスマホで読むことができる書籍データ)」や「動画」として販売されています。

最大の特徴は、世の中にまだ知られていない裏技的な方法が書かれているということです。

その分野に精通した人が、世間にまだ知られていないような情報を、個人でまとめたものが「情報商材」です。なので、一般のメディアでは知ることのできない情報が手に入ります。

 

その代わり、価格が高めであることも特徴の一つです。

しかし、貴重な情報が手に入るため、当たりはずれはあるものの、購入者の満足度も高めです。

<広告>



-復縁
-, , ,

Copyright© 暮らしの総合情報サイト :よろずかいつまみ雑録 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.