費用・節約

【一人暮らし】初期費用はいくら必要?平均的な金額(目安)と、自分で計算する方法を紹介。

投稿日:2017-09-05 更新日:

これから一人暮らしを始めようと思う人は、初期費用はいくら用意すればいいのかが気になるところだと思います。

 

いくら必要なのかというのは、実際いろいろな答えがあります。

無理をすればかなり節約できますし、快適に引越しをして都会の良い部屋に住もうと思えばかなり費用がかかります。

 

ではどのように解説するべきか考えたのですが、

この記事では「無理のない程度に節約し、平均的な家賃の部屋を借りた場合」の初期費用をシミュレーションしてレポートすることにしました。

計算の仕方や流れが分かるように書いたので、ご自分でも計算されてみるといいと思います。

 

 

<広告>




一人暮らしの初期費用、まずシミュレーション結果から

最初に結論の部分からご紹介します。

平均的な部屋を借り、平均的な引っ越し費用で、生活に必要なものを標準程度そろえた場合の金額です。

 

  1. 部屋を借りる費用:92,000~410,000円
  2. 引越し費用:3,780~111,650円
  3. 家具・家電・生活用品を買う費用:82,000円~
  4. 初月の生活費:32,500円~

合計:210,280~636,150円

 

あくまで目安程度に見ていただければと思います。

かなり金額に開きがでました。

では、なぜこの金額になったか、この初期費用の内訳がどうなっているかを見てみましょう。

 

 

<広告>




初期費用1.部屋を借りるお金

賃貸契約をするにはさまざまな費用がかかります。

物件によって何がどれくらいかかるか違うので、金額には本当に幅があります。

 

内訳

まず、たいていの物件でかかる費用です。

  1. 敷金:家賃0~2か月分
  2. 礼金:家賃0~2か月分
  3. 仲介手数料:家賃1か月分
  4. 契約月の日割り家賃:家賃1日~1か月分
  5. 翌月の家賃(前家賃):1か月分

合計:家賃2~7か月分

 

その他、こんな費用もかかることがあります。

  1. 火災保険の加入費用:20000円前後
  2. 家賃保証料:家賃の半分ほど
  3. 建物の管理費(共益費):5000円前後/月
  4. ハウスクリーニング代/抗菌施工代:15000円ほど
  5. 鍵の交換費用:約10000~25000円

合計0円~(家賃半分+65000)円

 

※それぞれの費用についての解説はこちらで。→記事「部屋を借りる費用の中身を解説

 

具体的にいくらくらいで部屋が借りられる?

一人暮らしの家賃の全国平均である46000円でシミュレーションすれば、平均的な費用が出せると思います。

家賃46000円を上の内訳に当てはめてみると、

  • 最少:46000×2か月分+0=92000円

(敷金礼金なし・その他の費用もかからず、仲介手数料と家賃だけだった場合。ただしめったにないうえ、デメリットもある。)

  • 最大:46000×7.5か月分+65000=410000円

(上の費用が全てかかった場合。ここまでかかることもめったにない。)

 

家賃が同じでも、契約にかかる費用はかなり上下することが分かると思います。

 

 

しかし一番知りたいのは、自分の住みたい物件を借りる初期費用がいくらなのかということだと思います。知る方法はないのでしょうか。

 

賃貸情報サイトや不動産会社の貼り紙などの物件情報には、「家賃はいくらで敷金・礼金はいくら」などとは書いてありますが、具体的にいくらで借りられるとは書いていません。

ではどうするかというと、その物件を管理している不動産会社に初期費用を聞くのが一番簡単です。

もしくは、物件情報に書いてある費用の一覧を見ながら上のようにして計算することも一応できます。ですが、全ての費用がそこに書いてあるわけではないので、だいたいの予想という程度になります。

 

 

<広告>




初期費用2.引越しのお金

引っ越し方法には、引っ越し業者・宅配便・自分たちで運ぶ・・・などがあります。

それぞれのおおよその費用を出してみたいと思います。

 

 引越し業者を利用したときの費用

引っ越し業者は、一番お金がかかる代わりに一番楽な引っ越し方法です。

業者の利用にかかる費用は、輸送距離・荷物の量・シーズンによって変わりますし、どの業者のどのコースを選ぶかによっても違います。

そのため、いくらかかるかを知るには、業者に見積もりをとってもらう(いつ、どこからどこへ、どのくらいの荷物を運ぶのかを伝え、料金を出してもらう)必要があります。

 

「じゃあ、自分が引越しをする時になるまで何も分からないのか」というと、そうでもありません。

引っ越し料金の「相場」を見ることで、少しは知ることはできます。

ここでの相場とは、似た条件で引越しをした人達から「いくら費用がかかったか」というアンケートをとり、平均を出したものです。

 

【参考:賃貸情報サイト「SUUMO」が算出した相場(一部)】

①一番安いパターン:オフシーズン(5~2月)・荷物少なめ・輸送距離15km以内(同じ市内程度)での引っ越し

→相場34,376円

 

②一番高いパターン:繁忙期(2~4月)・荷物多め・輸送距離500km以上(複数の県をまたいだ距離)での引っ越し

→相場111,650円

 

 

<広告>




 

宅配便を利用した時の費用

段ボール1個ごとに別々に料金がつきます。

料金の特徴としては、輸送距離よりも、サイズや重さが増えたときにとても高くなります。

つまり、荷物が少なく距離が遠い引越しではかなりお得ですが、大きな家具や家電を送るとかなりお金がかかるので、その場合は引っ越し業者のほうがいいです。

 

では、一人暮らしをこれから始める人が、宅配便で引越しするとどれくらい費用がかかるのかを考えてみます。

ポイントは、引越し先に着くまでは家財道具は買わないようにして、小さな段ボールに入る程度の荷物だけにすることです。

すでに使っている小さな雑貨家電、パソコン、衣類、本などの娯楽品、といったものくらいにとどめておけば、段ボール5箱くらいで済むでしょう。

その場合の送料を計算します。

 

参考:佐川急便の料金表(一部)

①同じ地方内での送料

  • 3辺(縦・横・高さ)の合計60cm以内・重さ2kg以内:756円
  • 3辺合計100cm以内・重さ10kg以内:1,296円
  • 3辺合計140cm以内・重さ20kg以内:1,566円

②関東~九州地方ほどの距離(1000km前後)の送料

  • 60cm以内・2kg以内:1,188円
  • 100cm以内・10kg以内:1,728円
  • 140cm以内・20kg以内:1,998円

 

よって、段ボール5箱を宅配した時の費用は、

  • 同じ地方内:3,780~7,830円くらい
  • 遠くの地方へ送った場合:5,490~9,990円くらい

となり、荷物が少なければ引っ越し業者より宅配便のほうが断然安く引越しできます。

<広告>




 

自分たちで運んだ場合の費用

レンタカーならレンタル代とガソリン代です。自家用車ならガソリン代のみで引越しできます。

さらに究極的なことを言うと、最低限のものをキャリーバッグなどに詰め込んで持っていき、あとは全部現地調達にすれば、引越し費用は0円です。

 

しかし、初めて一人暮らしをするなら無理をせず、業者を利用した方が楽だと思います。

 

 

<広告>




初期費用3.一か月目の生活費

部屋を借りて引越ししたらそれで終わりではなく、生活するためのお金も用意しておかなくてはなりません。

 

記事「【一人暮らし】生活費は毎月どれくらい?」で、生活費の全国平均を解説しましたので、

これをもとに、一人暮らし最初の1か月の生活費を算出します。

必ずしも出費する必要のないファッション費や娯楽費・交際費などは勘定に入れず、生活に必要な費用だけを合計します。

 

  • 食費:平均で約37000円(節約すれば15000円ほどでも可能。)
  • 光熱費:平均7500円
  • 水道代:平均2000円
  • 通信費(携帯代):平均8000円

(家賃は部屋を借りる費用の中で「前家賃」として払っているので、一人暮らし一か月目の生活費には入りません。)

ということで、一人暮らし一か月目は32500円以上の生活費があれば大丈夫だと思われます。

 

その他に、場合によっては

  • 医療費:平均5000円
  • 交通費(電車代やガソリン代など):平均13000円

などもかかる可能性はあります。

 

<広告>




 

<広告>




初期費用4.家具家電、生活用品を買う費用

何でも買おうとするとすごくお金がかかるので、ある程度絞ります。優先度の高いものから買えば、費用を抑えながらも無理なく生活を始められます。

 

家具の費用

生活に必要なものだけにとどめるなら、

  • ベッド:(シングル)8000円~
  • 掛布団・敷布団:5000円~
  • テーブル:3000円~
  • カーテン:2000円~

合計:約18000円~

まだお金に余裕があるなら、収納家具やソファなどというふうに種類を増やします。

 

家電

同じく、最低限のもの(価格もできるだけ抑える)だけなら、

  • 洗濯機:18000円~
  • 電子レンジ:6000円~
  • 冷蔵庫:20000円~

合計:約44000円~

(↑それでも予算が少なければ、例えば冷蔵庫はちゃんと自炊する人以外はまだ買わなくてもなんとかなります。そんなふうに、何を買うか・いくらのものを買うかを、用意できる金額に応じて決めましょう。)

 

予算にまだ余裕があれば、

  • 炊飯器6000円~
  • 掃除機6000円~

なども買います。

 

詳しくはこちらの記事で。→「【一人暮らし】最低限必要な家電は?

 

生活用品

キッチン、風呂、トイレ、掃除などで使うものを、予算を決めて買っておきます。

20000円くらいの範囲で買うようにするといいと思います。

 

→記事「一人暮らしに必要なものリスト

 

 

<広告>




まとめ

今回シミュレーションした限りでは、一人暮らしの初期費用は

合計 210,280~636,150円(単純計算で平均423,215円)

ということになりました。

 

人によって、どんな部屋を借りるか・どこへどうやって引っ越すかなどが違うため、初期費用がいくらなのかという答えを出すのは難しいです。

シミュレーション結果もかなり開きがでました。

 

なので、実際にいくらかかるかを知るのに一番いいのは、ご本人の状況に合わせてシミュレーションしてみることだと思います。

そして、大体の金額を計算したら、その額よりももう少し余裕を持って予算を用意したいものです。

 

<広告>



-費用・節約
-, , , , , ,

Copyright© 暮らしの総合情報サイト :よろずかいつまみ雑録 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.