その他の生活情報

スマホが低速化した後も頑張ってデザリングし続けるなら、コツがある

投稿日:2017-02-23 更新日:

僕は2017年2月現在、スマートフォンのデザリング機能以外にインターネット環境がありません。

しかもそのスマホは、利用料金をできるだけおさえるために、プランを安いものにしています。

おかげで、契約しているのは大手3社のひとつですが、ギリギリ月4000円台の利用料で済んでいます。

 

その代わりに、データ量が1GBなので、5日ほどで通信制限がかかって低速状態になってしまいます。

なので、1か月の半分以上は、低速状態のスマホでデザリングすることになってしまいます。

 

スマホ自身でブラウジングするだけでも非常に遅いので、PCのサイトではもっと読み込みが遅く、ストレスが溜まります。

今、測ってみましたが、YouTubeのトップページを開くのに1分ほど(画像は全部は表示されませんでした)、ヤフージャパンのトップページは3分ほどかかりました。

サイトによっては読み込んだまま固まってしまい、いつまでたっても表示されないこともあります。

 

そのようにしてデザリングを続けていく中で、いろいろ試行錯誤し、ほんの少しでも快適にネット接続していくために分かってきたコツがあるので、ご紹介しようと思います。

 

 

<広告>




①スマホをつなげるときはUSB接続で

PCとスマホをWi-FiやBluetoothといった無線で接続すると、連携が途切れることがあります。

普段のスマホならばそれもそこまで障害になりませんが、低速状態では快適さが大きく失われます。

ただでさえスマホの通信が弱く読み込みが止まりやすいので、スマホとPCの間の接続はUSBケーブルで完全につなげておけるようにします。

 

 

<広告>




②「戻る」をなるべく使用しない

ページを戻るのに通信するだけですごい時間がかかり、毎回そうしているとかなりストレスです。

ページを進む時は、新しいタブやウインドウで開きます。

前のページはできるだけ残しておき、その新しいページを閉じることで、通信せずに戻るようにします。

特に重たいサイトでは、「戻る」で通信してしまわないようにします。

 

 

<広告>




③通信状態を表示するソフトを常に起動させておく

常にモニタリングして、通信が途切れたときに気付けるようにしておきます。

タスクマネージャーで構いません。

 

 

<広告>




④読み込んだまま固まったら、接続を切って再接続

サイトを読み込んでいるのに一向に表示されず、先ほどの通信状態をモニタリングするソフト上では通信が止まっている、ということがよくあります。

そんな時は、スマホをの画面を操作して、デザリングを一旦オフにします。その瞬間ページが表示されることがあります。

 

 

これらのコツを実行しても、そもそも通信が遅いので快適とは言えません。

できることなら普通にインターネット回線を契約すべきだと思います。ただ、どうしても低速状態のスマホしかない場合は結構有効なので、参考にしていただければと思います。

<広告>



-その他の生活情報

Copyright© 暮らしの総合情報サイト :よろずかいつまみ雑録 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.