付箋の使い方

坂上忍さんの付箋の使い方

投稿日:2017-06-10 更新日:

今や「日本一忙しい司会者」ともいえるほど、たくさんのテレビ番組にご出演の坂上忍さん。

 

常に分刻みの行動で、テレビのお仕事だけでもご多忙にもかかわらず、その合間には子役養成所の台本や雑誌の連載記事の執筆を済ませるそうです。

仕事外の時間も全く休みがありません。愛犬家でキレイ好きでもあり、毎日複数回の散歩を欠かさず、掃除・洗濯・入浴にもたくさんの時間を割かれています。

 

毎日やらなければならないことがギッシリ詰まっているのに、どうして全てこなすことが可能なのでしょうか。

その秘訣かどうかは分かりませんが、坂上さんは便利なメモアイテムである付箋を使用されています。

これまでいくつかのメディアで、付箋の活用について言及されたり、実際に使われるシーンが映ったりしました。

参考になるところがあると思ったので、これまでメディアに登場した坂上忍さんの付箋の使い方についてまとめます。

 

 

<広告>




1.目標・やることリストを付箋に書いてテーブルに貼る

この方法は、女性向けファッション雑誌の「andGIRL(アンドガール)」の坂上さんの連載記事(現在連載は終了しているようです)で紹介されていました。

「立てた目標がいつも達成できず、忘れてしまう」という女性の相談に対して、付箋を使って「立てた目標を忘れずに達成するシステム」を作っていると解答しています。

 

具体的にどうするかというと、立てた目標や日々のやることリストを一つずつ付箋に書いたら、「いつも座るソファの前にあるテーブルに貼り付ける」のだそうです。

テーブルの角には長さの順にリモコンが並んであり、そのリモコンの下の延長直線上にきれいに付箋を貼り揃えていき、達成しないと剥がせないように決めるのがポイントのようです。

 

家の中で最も長く居る場所のテーブルに貼るので、これなら必ず目に入ることになり、忘れることはありません。

ついついくつろいでしまっても、貼った付箋を見たら罪悪感を感じて自然と行動しそうですね。

目標を片付けないでいるとストレスがかかるようになっているくらいのほうが、自分を律することができるということなのだと思います。

 

さらに、「毎日腹筋をする」というような継続して取り組む目標は、毎日どれくらい達成できたかをカレンダーに記録する習慣をつけるそうです。

そうすると、もっと自分を追い込むことができて達成しやすくなるのだとか。

目標は1つだけ立てるよりも、10個くらい出して並べておいてその中から1つ選ぶくらいのほうが、取り組むためのハードルが下がって達成しやすい、というようなことも書かれていました。

 

 

<広告>




2.気になったニュースの疑問点を付箋に書いて持ち運ぶ

こちらの使い方は、あるテレビ番組で坂上さんの1日に密着した様子が放送された時に、一瞬映っていて気づいたものです。

総合司会を務める昼の番組「バイキング」でニュースを扱うこともあってか、坂上さんは毎朝5時に新聞を読み込むそうです。

その時に気になったことをメモするそうですが、メモ帳ではなく付箋を使われていました。

 

ニュースについての付箋はテレビ局に持っていき、「バイキング」の楽屋に到着すると鏡台に貼り付けていきます。

そして、メイクさんに髪のセットをしてもらっている間に、付箋の内容を台本の該当する場所に書き写すところが密着映像に映っていました。

 

メモとしての目的だけなら付箋をそのまま台本に貼り付けても問題ないのでしょうけど、そうはされていませんでした。

多分、書き写したほうが記憶が定着するからなのではないかと思います。

こんなふうにしっかり準備しているから、生放送でさまざまなニュースに対して、ご自身の考えをすらすらと話すことができるのかもしれません。

 

ちなみにこの使い方は、「メモした付箋を別の場所に貼りかえる」だけなので、付箋の使い方としてはスタンダードなものです。

なので我々一般人でもすぐにマネできると思います。

例えば、

  • 立ち話をしている中で口約束した予定、
  • 廊下で上司とすれ違ったときに受けた指示

などといった「とっさにメモすべきこと」を付箋に書き、後でカレンダーやデスクに貼りつけることができます。

こういったやり方が、「メモした付箋を別の場所に貼りかえる使い方」です。

 

 

<広告>




最後に

今回は、俳優・司会者の坂上忍さんの付箋の使い方を取り上げました。

特別変わった使い方をされてはませんでしたが、付箋の特徴を生かして効果的に活用されているのがわかりました。

参考になるところもあったのではないでしょうか。

 

きっと、テレビに映ったり話されたりしていないだけで、まだまだいろいろなことに付箋を使われているのではないかと思います。

今後新しく気づいたことがあれば書き足していくつもりです。

 

<広告>



-付箋の使い方
-

Copyright© 暮らしの総合情報サイト :よろずかいつまみ雑録 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.