寝具

エアーベッドを使ってみた感想。寝心地良好、でも耐久性と摩擦音が気になる。

投稿日:2017-05-29 更新日:

先日、家族が通販で「エアーベッド」を購入して、僕も使わせてもらう機会がありました。

INTEX社の電動エアーベッドです。

 


送料無料 INTEX 電動エアーベッド シングル 高反発 マットレス 高さ33cm 極厚 日本語説明書 90日間保証付き すのこベッドをお探しの方にもお勧め 来客用にも

 

「なるほど、これはいいものだな」と思ったところもありましたし、「ここはちょっと・・・」というところもありました。

この製品についてやエアーベッド全般について、メリットもデメリットもいろいろわかったので、メモしておこうと思います。

 

 

<広告>




メリット① 寝心地がとてもいい

まず第一に、ベッドとしての機能、つまり寝心地は普通のベッドと比べてどうなのか、ということが気になると思います。

その点は十分満足です。

 

空気が詰まったベッドだけあって、寝転んでみるとうまく体にフィットしてくれて気持ちいいです。腰や背中が痛くなったりもしませんでした。

表面の素材は耐久性を考慮してなのか、少し硬くゴワついた感じなので、お気に入りのシーツを敷いて寝るといいと思います。

 

また、直接床に置くのもいいですが、マットレスの代わりとして普通のベッドの上にエアーベッドを敷いて使うのもいいかもしれません。

 

 

 

<広告>




メリット② 柔らかさを好きなように調節できる

ここが普通のベッドにはない強みではないでしょうか。

今回紹介するインテックス社のエアーベッドでは、電動ポンプによってスイッチひとつで空気を足したり減らしたりできます。

 

エアーベッド特有の「体を包み込むようなフィット感」が好きでなければ、限界まで空気を入れることで硬めのベッドにすることもできます。

高反発と謳っていることもあり、やってみると思ったより硬くなりました。

空気を調節しながら、自分にぴったりな柔らかさを探すのも楽しいです。

 

空気の出し入れは結構よくおこなうことのなるので、エアーベッドを選ぶときは電動ポンプタイプのものを選ぶのがいいと思います。

 

 

<広告>




メリット③ 運び、設置、片づけが簡単

中身が空気なのでとても軽く、部屋に運び込むのが楽です。

普通のベッドを2階以上の部屋に置きたいときや、入口が小さい場合だと、部屋に入れるだけでかなりの重労働になりますが、エアーベッドなら簡単です。

折りたたまれてバッグに入った状態なので、普通に持って入るだけ。

女性でも一人で運べます。

 

組み立てる煩わしさもありません。

畳まれた状態のエアーベッドを部屋に持ち込み、置きたい場所に広げたら空気を入れるだけです。

片付ける時も、空気を抜いて畳むだけなのですぐ終わります。

電動エアーベッドなら、空気の出し入れは2~3分待ってるだけで完了します。

 

軽くてすぐ設置したりしまったりでき、使わないときは小さく畳んでしまっておけるので、一人暮らし用のベッドや来客用の予備の寝具として適しています。

車に積んでおいて、旅行先やキャンプで使ったりもできます。

 

 

<広告>




メリット④ 掃除しやすく、衛生的

軽くて設置後も移動が簡単なので、ずらして床掃除がしやすいです。

また、空気を抜いて布団のようにして干すこともできます。

 

水洗いはできない。でも水拭きはできる。

汗などの汚れを掃除するために水で洗いたくなるところですが、残念ながらできないようです。

 

空気を抜いて家の外まで持っていって、ホースで水をかけて洗いたかったのですが・・・。

やはり電動ポンプが埋め込まれているので、水には弱いのでしょうね。

 

エアーベッドを購入した時の通販サイトによると、そういった汚れは、水洗いではなく水で濡らした布で落とすようにとのことでした。

 

 

 

<広告>




メリット⑤ 普通のベッドよりも価格が安い

ひとくちにエアーベッドといっても、さまざまなものがあります。

ベッドの上に敷くマットレスタイプのもの、単体でベッドとして使える膝丈ほどの高さがあるもの、アウトドアや車中泊に適した寝袋型のもの、電動で空気が入れられるものとそうでないものなど、いろいろです。

 

そして、みんな値段が違います。

しかし、普通のベッドに比べると、どのエアーベッドもお手軽だと思います。

 

シングルサイズなら、2000~10000円ほどで購入できます。

 

 

<広告>




デメリット① 摩擦音が結構うるさい(→対策を考案)

ここからはデメリットになりますが、買ってからでないと分からない一番のデメリットはこれだと思います。

 

エアーベッドに乗り降りするときや寝返りをうったときに、意外と音が鳴ります。

イメージとしては、海で浮き輪に乗った時に体と擦れて「ギュッ、ギュッ」と音が鳴りますが、それに近いと思います。

 

神経質だと、この「ギュッ、ギュッ」という音で目が覚めてしまうかもしれないくらい鳴ります。

でも、慣れれば気にならなくなるのかもしれませんし、長く使ってみないと分からないところです。

 

壁が薄い賃貸物件だと、隣や真下の階の人に聞こえてしまうかも?

 

音を鳴らさないための対策

フローリングのようなつるつるした床に直接置くと音が大きくなるようなので、音の原因は体重でエアーベッドが変形し、床とこすれるためである可能性があります。

ふかふかしたカーペットの上に置けば、少しは音を抑えられそうです。

 

(調べると、同じように摩擦音で困った経験がたくさん紹介されており、やはり床に布を挟むことで解決できたようです。カーペットでなくても、要らないシーツでも100均の布製の床材でも、布なら何を挟んでもある程度は音を抑えられるみたいです。)

 

<広告>




 

デメリット② 少しずつ空気が漏れる

電動ポンプの空気の吸い込み口(空気を入れる穴)から少しずつ空気が漏れていきます。

とはいえ、INTEX社のエアーベッドに関していえば、気になるほど漏れないように感じます。

1週間おきに空気を足す程度で、好きな硬さを保っていられると思います。電動なら空気入れも面倒ではないです。

 

でも、常にパンパンにしておきたい人は、少し空気が漏れただけで気になるかもしれません。

その場合は毎日寝る前に電動ポンプのスイッチを入れて、10秒ほど空気をいれることになります。

 

 

デメリット③ 耐久性が心配

エアーベッドの心配なところは、いつ穴が空くか分からないことです。

風船に穴が空いたときのように破裂するわけではありませんが、少しでも穴が空いたら膨らまなくなるので、もうベッドとして使えなくなってしまいます。

耐久性はどれくらいか、何か月くらい使ったら穴が空くのか、などが気になりますね。

 

ちなみに今回使用したINTEX社のエアーベッドは、手で触った感じだと素材が硬く、分厚くて丈夫にできているように感じました。(硬いのは側面で、寝る面は布が貼り付けられています)

メーカーサイトによると体重130キロ近くまで耐えられるらしいです。

しかしそれでも、穴があく心配をしながら使うことになります。

90日の保証期間があるらしいので、期間内なら修理か交換してもらえます。

 

今回は試していませんが、逆に安価なエアーベッドは表面の素材が薄めで、余計に穴があきやすいかもしれません。

だとすると、いつ穴が開いてもいいと割り切って安いものを買うか、比較的耐久性のある価格が高めのものを買うか、どちらかを選ぶことになります。

 

個人的にはしっかりした高めのものを買う方が安心して眠れるので、それがいいと思います。(「高め」といっても普通のベッドよりは安いです。)

 

 

まとめ

まとめると、

寝心地が良くて、出し入れ・持ち運びが簡単で、安くて予備の寝具としても適していますが、摩擦音と空気漏れと穴が開く可能性が気になる。

・・・といったところがこのエアーベッドの特徴です。

 

安くて軽くて組み立ての必要もなく、片づけもすぐ終わるので、一人暮らしの人にもおすすめしたいです。

 


INTEX エアーベッド 電動 高反発マットレス インテックス シングルサイズ 高さ33cm

 

 

 

<広告>




 

追記:使用開始から約半年・・・穴が空きました。

いつかは穴があくのではないかと思ってはいましたが、突然そのときはやってきました。

といっても、突然派手に破裂したりはせず、気が付いたら空気がすぐ抜けるようになっていたという感じです。

 

毎日メインのベッドとして使って、しかも割とパンパンになるまで空気を入れて使っていたので、傷みやすかったのかもしれません。

まあ仕方ないです。

 

困ったのは、補修キットが一応あるのですが、補修したくてもうまくできないことです。

そもそもどこに穴があるのかが見つけられず、結局断念しました。自転車のタイヤみたいに穴を探すことができません。

空気が抜けるのが日に日に早くなり、長時間ふくらみを保っていられなくなったあたりで使用をやめました。

 

やはり、普通のベッドと比べると耐久性はなかったということになります。ただ、安くてあの寝心地の良さ・使い勝手の良さが得られるというのは、それなりに素晴らしいものだったと思います。

 

 

<広告>



-寝具
-, ,

Copyright© 暮らしの総合情報サイト :よろずかいつまみ雑録 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.