掃除

シンクや風呂の鏡にできる水アカを落とす方法をいろいろまとめてみた。

投稿日:

お風呂の鏡やシンクに発生するウロコ状の白いかたまり。それが水アカです。

水アカは見栄えが悪いですし、放っておくとどんどん厚く固まってしまいます。

ささっと落としたいところですが、意外と落ちにくいんですよね。

一体どうやったらキレイに落とせるのでしょうか。

 

ということで今回は、

鏡面やシンクにできた水アカの落とし方、水アカを落とすことができる洗剤や身近にあるものについて、いくつかご紹介していきます。

 

 

<広告>




水アカを落とす方法① 酸性洗剤で落とす

水アカは、水道水の中に含まれるカルシウムなどが固まったもの。

つまりアルカリ性であるため、酸性で中和して溶かしたり柔らかくすることができます。

それが可能なのが酸性洗剤です。

 

使い方は、水アカに直接吹きかけたり塗ったりして使います。水アカが柔らかくなったら、ぞうきんなどで拭き取るか洗い流すかします。

素手で洗剤に触れると肌荒れを起こすので、ゴム手袋などで対策をしましょう。

 

酸性洗剤はお店の洗剤コーナーやネットショッピングでたくさん見つかります。

当然、酸性の度合いが強いほど洗浄力も強いのですが、水アカを落とすならそれほど強いものは必要ないと思います。というより、家庭用の洗剤で酸性度の高いものはそうそう売っていないと思います。

 

ラッピングして長時間つけることで、効果アップ

頑固に固まった水アカだと、酸性洗剤をつけてすぐに拭いてもあまり落ちません。

中和反応にはそれなりに時間がかかるため、反応が進まないうちに拭き取ってしまうと水アカが落ちないのです。

 

そこで、ラッピングという技を使います。

酸性洗剤をつけた上からラップやキッチンペーパーを貼ることで、洗剤を閉じ込めて長時間触れさせ、中和反応を進めさせることができます。

30分ほどつけておけば、水アカは落ちやすくなっているはずです。

 

 

<広告>




水アカを落とす方法② 研磨剤で落とす

研磨剤は、クレンザーなどのような、汚れをこすり落とす微粒子が入った洗剤のことです。

汚れを削って落とすタイプであるため、水アカだけでなく様々な汚れが落とせます。

例えばシンクなら、さび汚れや黒カビなども出ますよね。そういった汚れにも一定の効果を発揮します。

 

使い方は、汚れに直接つけたり、ぞうきんなどにつけて擦るだけでいいので簡単です。

 

弱点としては、研磨剤自体には「化学反応で汚れを柔らかくする」といった効果はないので、汚れが分厚く固まりすぎていると歯が立たないかもしれません。

 

歯磨き粉で代用可能?

歯磨き粉にも研磨剤が含まれているため、同じような効果があります。お家に研磨剤がないというかたは試してみるといいかもしれません。

でも、ちょっともったいないかも。

 

 

<広告>




水アカを落とす方法③ 水アカ用洗剤で落とす

実は、水アカを落とすための専用の洗剤もあるので、それを買って使うのが手っ取り早いかもしれませんね。

水アカ用洗剤は、主に酸性洗剤と研磨剤を組み合わせたような成分になっているようです。

そのため、高い洗浄力が期待できます。そのぶん値段は高い傾向ですが。

 

試しにAmazonなどで「水アカ 洗剤」と検索してみると、意外と多くの商品が見つかります。好みのものを選びましょう。

 

使い方や注意点は、酸性洗剤と同じような感じです。

 

 

<広告>




水アカを落とす方法④ メラミンスポンジで落とす

メラミンスポンジには、研磨作用のある微粒子が含まれています。

つまり、研磨剤をつけて擦ったのと同じような効果を持っているのです。

100均などで簡単に手に入ります。

 

使い方は、濡らして水アカを擦るだけなので、とても簡単で楽です。これが一番のメリットでしょう。

研磨剤と同じく、水アカを柔らかくする性質はないので、頑固な水アカは落とせないかもしれません。

 

 

<広告>




水アカを落とす方法⑤ レモン汁、食酢、クエン酸水で落とす

家庭にある酸性の食材や調味料などを活用することもできます。

しくみは酸性洗剤と同じ。中和反応によって水アカをやわらかくします。

 

使い方も、だいたい酸性洗剤と同じです。

 

もしお家にあれば、わざわざ酸性洗剤を買わなくても使えるというところがメリットです。

 

 

<広告>



-掃除
-, , , ,

Copyright© 暮らしの総合情報サイト :よろずかいつまみ雑録 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.